甲羅にカニを産卵場所としている「カニビル」の卵がふんだんに産み付けられているほど…。



足が特徴のワタリガニは、カニ下目の内のワタリガニ科に分類されるカニの全体の名前で、日本においては食用となっているガザミやたくさんの歯が生えているタイワンガザミに代表される、種類の多いガザミ属を示す名称とされているのです。
ほぐしてあるタラバガニの身は、味はそれほど強烈とは感じられませんが、他の料理の食材としても最高だ。ハサミ自体は揚げてから食卓に出せば、小さな子供も大喜び間違いなしでしょう。
冬と言いますとカニが食べたくなる時節となりますが、山陰地方で獲れる松葉ガニに並んで有名なのが瀬戸内海沿岸の旨いワタリガニです。正式名称はガザミとなっていて、昨今では瀬戸内で名の通ったカニと考えられています。
花咲ガニというカニは、甲羅の周りに頑強な鋭利なトゲが多くあり、みるからに太めで短い脚。しかし、冷たい太平洋で鍛えられた身はしっかりとハリがありなんともジューシーです。
美味しい食材が取れる北海道の毛ガニの口どけの良い旨み、豊潤な蟹味噌の味と贅沢な舌触りを満喫した後の締めとしてはやはり甲羅酒を味わう。毛ガニなら満足すること請け合います。

ダシの効いている松葉ガニも寒い時期に食べたくなる水ガニも、両者ズワイガニのオスとなっているのです。ところが、同一の甲羅寸法でも松葉ガニの売り値は高いレベルなのに、水ガニは案外低価格と言えます。
甲羅にカニを産卵場所としている「カニビル」の卵がふんだんに産み付けられているほど、ズワイガニが皮を脱いでから長時間経っており、ズワイガニの身の詰まり方が万全で抜群だと理解されるのです。
ここのところ大人気で美味なワタリガニでありますから、低価格のカニ通販などでも依頼してくる人が増えてきており、どこに住んでいようとも食べて頂くことが夢ではなくなってきたと思います。
捕獲されてすぐは本来の茶色い体でありますが、ボイルされた瞬間赤くなって、咲いている花みたいな風貌になるというわけで、名前が花咲ガニになったと言う話があります。
蟹は通販でオーダーする人も多数見られるようになりました。ズワイガニはいいのですが、毛蟹というのは迷うことなくインターネットなどの毛ガニの通信販売で買わないとご家庭で召し上がることは無理なのです。

茹でてある花咲ガニの食べ方は自然解凍後、二杯酢で召し上がるのがうまいですね。他には溶けてから、炙りにしたものを堪能するのもおすすめです。
少し前からカニファンの間で「花咲ガニ」という名前の蟹が話題になっています。全体の約80%の花咲ガニが捕獲される遠い北海道の根室まで、美味しい花咲ガニを満喫しちゃおうというツアー企画もちらほら見かけます。
ズワイガニは雄と雌で寸法が違っており、雌は主として常時卵をいだいているので、卸売りされる拠点では雄と雌を別々の物という事で売っていると推定されます。
あのタラバガニに勝るほどの満足感と、タラバにはない豊かな歯ごたえへのこだわりがある人には極め付けで後悔させないのが、根室半島で獲れる花咲ガニ以外考えられません。
絶品のタラバガニを味わうためには、ショップ選択が大事です。カニを茹でる順序は難儀を伴うので、かに専門店の素晴らしい職人さんが茹でた後のカニを堪能したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました