戌の日の安産祈願に適した時間や誰と行くかや服装で男性の場合は?

スポンサーリンク

初めての妊娠、初めての安産祈願だと、一体何時に誰とどこにどんな格好をしていったら良いのか何もかも分からないですよね!

そもそも、戌の日というのも、子どもを授かって初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

戌の日は、干支によって12日に一度あり、この日に安産祈願を行うことが昔からの風習です。

 

 

戌の日というのは、犬がたくさん子どもを産むことから来た言葉です。

これから赤ちゃんを迎えるにあたって、何事もなく健康に赤ちゃんを出産できるように、しっかりと安産祈願をしたいところです。

先輩ママパパたちはどうしているのかみていきましょう!

 

スポンサーリンク

戌の日の安産祈願に良い時間はいつ?

戌の日の安産祈願に行く時間は、厳密に決まっているわけではありません。

決まってはいませんが、10時や11時くらいの午前中のうちにお参りをするというパパママが多いみたいですよ!

時間帯によって、妊婦さんは体調の良し悪しがよくあるので、ママの調子が良くて動きやすい時間にするというのも一つですね。

 

 

絶対に何時頃に安産祈願をしないといけないということではないので、本当にパパママのいい時間にするといいです。

ですが、実際に参る神社やお寺などによっては、ご祈願の時間が決められている場合もあります。

 

予約が無しで安産祈願できるところは、都合のいい時間に、そして、予約をしてからのお参りになるところは、先方の都合の良い時間を伺って決めるといいのではないでしょうか?

 

お参り自体は、だいたい10〜30分で終わるのが一般的です。

行って受付をして〜お礼を言って何だかんだする時間も含めると、だいたい1時間くらいをみておきましょう。

 

スポンサーリンク

戌の日の安産祈願は誰と行くべき?

戌の日の安産祈願には、夫婦で参るといいと思います!

 

 

昔はママ側のお母さんと一緒に参るのが一般的でした。なので、今も、ママ側のお母さんと一緒に参ったという人も多くいましたが、必ずということでもありません。

遠方に暮らす場合はなかなかそうもいきませんよね。

とにかく夫婦2人が揃ってお参りできることの方が大切です!

 

もちろん誰と行くとダメということでもないので、ママ側のお父さんお母さん、パパ側のお父さんお母さんが皆んな揃うという場合は、みんなで参っても大丈夫ですよ。

 

ただ、パパ側のお母さんやお父さんが一緒だと気を遣って疲れてしまうママが多いです。妊娠という、特別な環境にあるママは疲れやすく想像以上に大変です。

もし、ママの気が乗らなさそうな場合は、例えお母さん達が一緒に行きたがっていたとしても、パパは上手くお断りしてあげられるような優しさを持ってくださいね!

 

夫婦2人で、気楽に自分たちのペースでお参りするのが一番オススメですよ!

 

スポンサーリンク

戌の日の安産祈願の服装 男性は何を着る?

戌の日のお参りに、パパはスーツを着るべきなのか、着ないならどんな服装をすればいいのか悩んでしまいますが、清潔感のあるちょっと綺麗めな服装がオススメです。

 

 

例えば、襟付きのシャツはマストアイテムではないでしょうか!?

スーツほど堅苦しくなく、かといってだらしないわけでもなく、ちょうどいい綺麗さを演出できるのでオススメです。

柄はあまりないものの方が好ましいですね。

 

夏なら、シャツにパンツでいいですし、冬ならシャツの上にセーターを着てもオシャレです。

 

パンツは、ホワイトやグレーなどが清潔感があっていいですよね。デニムでもいいですが、ダメージジーンズなどはやめておいた方がいいと思います。

あと、男性は靴下をあまり履かないという人も多いですが、そういうところは気をつけてください。

 

スーツや、かっちりとした服装でもなく、普段よりもちょっぴり小綺麗にするだけで充分なので、いい格好をしなきゃ…なんて悩まないでくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

戌の日の安産祈願についていろいろ見てきましたが、何一つ明確な決まりごとなんて無いというのがわかりましたね!

自分たちの行きやすい日にちの行きやすい時間帯に、行ける人と一緒にお参りをすれば良いのです。

ある程度の常識さえあれば、神様事の1番は気持ち次第です。

母子ともに健康に出産が終えられるように、気持ちを込めてお参りをしましょうね。

これを読んでいるパパママが、元気な赤ちゃんに会えますように…

タイトルとURLをコピーしました