年越しそばのつゆで人気の商品やレシピ1位やつゆのレシピで人気なのは?

スポンサーリンク

年越しそばは、縁起物なのでせっかくなら美味しくいただきたいですよね。

最近は、食べないよという家庭も増えてきてはいますが、簡単にできるなら風習を大切にして味わおうかなという人も出てくるのではないでしょうか。

 

 

麺類はつゆがとっても重要!地域によって味付けが全然違ったりもしますが、色んなタイプのレシピの中でも、人気を集めているレシピや人気の商品はどんな味付けなのか気になりますよね!

是非調べていきましょう!!

 

スポンサーリンク

年越しそばのつゆの人気ランキング!

市販のめんつゆの年越しそばに使いたい人気ランキングは…

 

1 ヤマサの醤油 昆布つゆ

2 創味のつゆ

3 ミツカン 追いがつおつゆ

 

人気が高いのは、ヤマサの醤油の昆布つゆでした。

まろやかな味わいと、甘さが感じられるめんつゆで、まさにお蕎麦にぴったりなめんつゆなんですね!

醤油辛い感じがないのが、人気を集めた理由でしょうか?

昆布の旨みで、美味しいおつゆになりそうです。

 

 

創味のつゆが2位に続きますが、こちらは鰹だしベースのめんつゆです!

昆布のお出汁よりも鰹だしの方が好みだという人には、こちらがオススメですね。

甘さやマイルドさは少ないので、醤油辛い味付けが好みの人にぴったりだと思います。

 

続いて3位も鰹ベースのめんつゆです。こちらのめんつゆは、香りもとっても良いめんつゆです!

鰹だしの取り方にこだわっためんつゆだそうで、こちらもけっこう人気ですよ。

希釈タイプも何パターンかあるので、使いやすいものを選べるのがいいですね!

 

 

スポンサーリンク

年越しそばのレシピ1位を誇るのはコレだ!

年越しそばに限らず、そばつゆとして人気1位のレシピは…かつお節から出汁をとるつゆでした!

ご紹介していきます。

 

 

材料は2人分で、

・水            ・・・350ml

・かつお節 ・・・15g

・みりん    ・・・80ml

・醤油        ・・・80ml

・砂糖        ・・・大さじ2

・お酒        ・・・大さじ1

です。

 

作り方は、まず、水を沸騰させます。

沸騰させたらかつお節を入れて火を止めます。

そして、しばらくしてかつお節が底に沈んだら、網で出汁を濾しましょう。

 

こんな簡単に鰹だしを取ることができるんですね!

 

そして、濾した出し汁とは別に、調味料を全て1度一煮立ちさせます。

調味料が一煮立ちしたら、かつお節で取った出し汁と合わせて、そばつゆの完成です!

 

あっという間にできそうですね。ポイントは調味料を1度一煮立ちさせるところにあるみたいです。

そうすることで、醤油がまろやかになるみたいで、深みのあるそばつゆになるそうですよ!

一手間で美味しくなるので、是非試してみてください。

 

スポンサーリンク

年越しそばのつゆのレシピ 人気なのは関西風?関東風?

年越しそばのつゆのレシピで、人気が高かったのは、関東風のレシピでした!

関西風と関東風のおつゆの違いは、醤油が濃いか薄いかの違いです。

 

 

関西は、お出汁を効かせて、醤油は薄口醤油で見た目も透き通ったおつゆが主流です。

関東は反対に、醤油の味が強いようなおつゆが主流なんですね。

お醤油も濃口醤油を使用して、色も濃いいおつゆが出来上がります。

 

レシピを調べてみると、ほとんどが見た目の色も濃いい関東風のものが多かったです。

たしかに、おそばはちょっぴり濃いいくらいで、甘みも強く感じるくらいのおつゆが美味しそうですよね!

 

お出汁は、鰹だしのものが多かったですが、それはかつお節から簡単に取れるところに理由がありそうです。

かつお節なら手軽に手に入りますし、お出汁をとることからチャレンジしてみてもいいですね!

 

ちなみに、関西風か関東風かの年越しそばの違いには、おつゆの味の差だけでなく、乗せる具の違いもあるみたいですよ!

他の地域の味付けを試してみても面白そうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

市販のめんつゆを使っても、お出汁から自宅で取っておつゆを作っても、美味しい年越しそばが作れそうですね!

市販のものなら、すでに味が出来上がっているので簡単に、好みのめんつゆを使えば好みの年越しそばになります。

自分で作る場合は、人気のレシピを参考にして、多少自分好みの味付けに調節したりして、ここにしかない特別なおつゆを作り上げることができますね!

 

是非美味しい年越しそばを食べて、良い一年を迎えてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました