年末調整の還付金 計算シュミレーションや明細書やいつ戻るか調べてみた!

スポンサーリンク

年末年始は、何かともの入りの時期ですよね。

そういう時期に、「振り込まれた給料がいつもより少し多い」と、助かると感じる人も多いでしょう。

 

 

会社からお給料をもらっている社員やパート、アルバイトの方の多くは、1年間の収入が確定すると、「年末調整」が行われることになります。

年末調整で受けられる「還付金」について今回はお話ししましょう。

 

スポンサーリンク

年末調整の還付金って計算シュミレーションできる?

では、はじめに年末調整の還付金についてお話ししましょう。

月々振り込まれる給与からは、社会保険料や所得税、住民税などが引かれています。

これは賞与でも同様で、社会保険料と所得税が引かれます。

 

 

ところが、給与から差し引かれる金額のうち、社会保険料と住民税は、「確定した金額」ですが、所得税は、「月の給与額や賞与額から計算した仮の金額」で、12月に支給される給与や賞与の額が決まって、1年間の総収入がはっきりした後で決まります。

改めて所得控除の額や税額控除の額を計算して、所得税額が確定されます。

 

これが、「年末調整」です。

 

還付金とは、年末調整をすることで、所得税を多く引かれ過ぎていた人が「還付」を受けるといことなんですね。

しかし、反対に所得税が不足していた人は、不足分を「徴収」されることがあります。

年末調整の対象者は、原則として年末の時点で会社に勤めている人や、アルバイトやパートでも対象になります。

 

では、事前に年末調整の還付金の計算シュミレーションはできるのでしょうか?

具体的に計算方式の例を見てみましょう。

・年間給与総額    5,760,000円(月収48万円)

・年間給与に対する源泉徴収税額    171,000円

・給与から控除した社会保険料等    838,716円

・生命保険料控除    120,000円(最高12万円)

・地震保険料控除     50,000円(最高5万円)

・配偶者特別控除     260,000円

・一般の控除対象扶養親族1人    380,000円(16歳の長男)

・基礎控除    380,000円

とした場合を計算していきます。

 

 

◎給与総額が5,760,000円であることから、国税庁のHPで確認すると給与所得控除後の所得4,068,000円が出てきます。

◎社会保険料等、生命保険控除、地震保険料控除、配偶者控除、一般の扶養控除(38万円)、基礎控除(38万円)の所得控除を合計すると、2,028,716円となります。

◎給与所得控除後の4,068,000円から所得控除額2,028,716円を差し引くと2,039,284円となりますが、課税所得金額となるのは1,000円未満切り捨てとなるため、2,039,000円が差引課税所得となります。

◎課税所得金額が3,299,000円以下であるため税率は10%となり、97,500円の控除があるため年調所得税額は106,400円となります。

◎復興特別所得税を含む年調年税額を出すため102.1%を掛け合わせると、108,600円(100円未満切り捨て)が出で108,600円が納めるべき所得税となり、源泉徴収されていた171,000円と比べると金額が小さいため、超過した62,400円が還付金となります。

 

スポンサーリンク

年末調整の還付金の明細書の見方!

企業の給与明細様式によっては、年末調整還付・所得税還付など分かりやすく記載されている場合もあります。

 

 

また12月の給与振り込みで還付金が戻らなかった場合でも、給与明細と源泉徴収票から還付金額を確認することが可能です。

 

スポンサーリンク

年末調整の還付金っていつ戻るの?

では、年末調整の還付金はいつ戻ってくるかについてですが、12月分の給料と一緒に還付金が戻ってくる場合も多いです。

毎月の給料が早い会社で還付金支給に間に合わない場合は翌年の1月の給料に給付されることもあります。

 

 

しかし、場合によっては所得税が不足している場合は逆に徴収される場合もあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

年末調整の還付金についてお話ししました。

不足して徴収される場合もあります。

年末調整で何か不明な点やわからない事があった場合は勤め先に確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました