お宮参りの初穂料って封筒が必要なのかや種類や書き方について知りたい!

スポンサーリンク

赤ちゃんが誕生すると、今後の成長がとても楽しみですよね。

そんな我が子の最初のビッグイベントとして伝統的なお宮参りの計画を立てている人も多いのではないでしょうか!

 

 

お宮参りとは、子どもの成長と健康を願って祈祷を上げてもらい家族みんなでお祝いをする儀式です。

地域によっては無事に誕生した報告をするという意味あいもあるそうで、大切な行事の1つです。

 

今回はお宮参りについてのマナーや初穂料などについていろいろお話ししましょう。

 

スポンサーリンク

お宮参りの初穂料の封筒は必要なの?

お宮参りの初穂料とは神社に対し、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼として渡す金銭の事で古来より、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が供物として奉納されてきました。

初穂料とは、この初穂(神様に捧げる農作物)の代わりとする金銭のことを言います。

 

 

そこでお宮参りのの際に初穂領に封筒は必要なのでしょうか?

神社によっては、 初穂料に白い封筒を使う場合もあります。

神社や地域によって決まっていることもあるようなので、迷った場合はお参りをする前に一度、神社に問いあわせるなどして、風習にあわせたものを選べるとよいかもしれません。

 

ちなみに皆さんが1番気になるのはいくら包むか金額ですよね。

初穂料は神社によって金額の差はありますが、目安は5,000円位から7,000円もしくは10,000 円位を収める人が多いようですよ。

 

お宮参りで祈祷に参加する人数も踏まえて金額を決めるという考えが一般的で、人数が増えると金額も増えるというイメージです。

 

スポンサーリンク

お宮参りの初穂料の封筒って種類はどういったもの?

先程も書きましたが神社によっては白い封筒に入れる場合もありますが、通常はのし袋にいれお参りをします。

のし袋にはさまざな種類があるようですが、お宮参りの初穂料に使うのし袋の種類を知りたいママもいるかもしれません。

 

 

お宮参りののし袋は、紅白の水引がついているもので蝶結びになっている、「花結び」と呼ばれる形のものにしましょう。

蝶結びはほどくことができ、何度ほどいても結びなおせる=お宮参りの行事は、何度繰り返されてもよいお祝い事です。このため「花結び」の水引のものを使います。

 

スポンサーリンク

お宮参りでの初穂料の封筒の書き方は?

では、続いて封筒やのし袋の書き方についてお話ししましょう。

 

 

⬛︎のし袋の表書

水引の結び目より上の段に「初穂料」「御初穂料」と書き、その下には、お父さんの名前ではなく、ご祈祷を受ける赤ちゃんの名前・ふりがなを書きましょう。

ご祈祷の時に、赤ちゃんの名前が呼ばれる為、表書きの赤ちゃんの名前はフルネームで書きふりがなも書きましょう。

双子で連名になる場合は、苗字の下に、1人目の名前、そしてその左横に2人目の名前を記載します。

 

⬛︎中袋の書き方

中袋の場合は中袋に住所を書くので裏には何も記載しません。

中袋は、祈祷を受ける人(赤ちゃん)の名前と住所、金額の記載が必須です。

最近は、中袋の裏に、最初から住所・氏名・金額を記入できるよう印刷されている種類のものがほとんどです。印刷に従って書きましょう。

もし印刷がない場合は表書きには、包んだ金額を、中央に記入します。

そして裏書きは、封筒左側に住所、ご祈祷を受ける赤ちゃんのフルネームを記載します。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はお宮参りの初穂料についてお話ししました。

お宮参りのマナーは沢山あり初穂料の入れる封筒や金額についても地域や神社によっては違いがある場合もあります。

 

赤ちゃんにとってお宮参りは一生に一度のおまいりです。

もし、わからない事があった場合は一度神社に確認してからお参りにいくもよいですね。

 

是非、参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました