紅葉がキレイな関西のドライブコースはここ!

夏が終わり秋に近づき、だんだんと紅葉シーズンも目の前に迫ってきました。

紅葉と言えば赤や黄色に色付いた木々がとても綺麗ですよね。

 

そんな紅葉の時期に家族やお友達やカップルでドライブをしながら紅葉を見るのもいいものですよね。

そんな今回は関西の紅葉についておすすめなドライブコースや穴場スポットについてお話ししましょう。

 

紅葉を関西で楽しむドライブコース教えます!

それでは、関西で楽しむドライブコースを紹介しましょう。

⬛︎ ほしだ園地

ほしだ園地は、大阪市の中心地から30分程で到着し、都心からアクセスのしやすい紅葉スポットです。

車でドライブしアクセスがしやすいのがポイントです。

地上から50mの高さにかかっている通称「星のブランコ」と呼ばれる吊橋から見る紅葉は、スリリングでありながら開放感が感じられ、自然を体で感じ取る事ができます。

吊橋を渡った後に展望スポットもあるので、ゆっくり紅葉を楽しむことが出来ます。

 

⬛︎メタセコイヤ並木

滋賀県の紅葉スポットでいちばん有名な「メタセコイア並木」

紅葉に限らず、全国から観光客が訪れる有名なスポットでもあり車やバイクなどでドライブし黄色に染まった並木をバックに家族写真をとるのも良いですね。

2.5kmの道沿いに咲く紅葉は、車で訪れるのにぴったりな紅葉スポットです。

 

 

紅葉がキレイな関西の穴場が兵庫に・・!?

実は兵庫県はけっこう山が多い所なので、きれいな紅葉が見れるスポットがたくさんあります!

意外な穴場的な場所までライトアップの情報も入れて色々厳選して紹介したいと思います!

 

◉神戸布引ハーブ園

JR新神戸駅から少し歩いたところにあるハーブ園山麓駅より約10分ロープウェイに乗ると、そこに広がっているのが神戸布引ハーブ園です。

約200種75,000株の花やハーブが咲き集う日本最大級のハーブ園で、テーマの異なる12のガーデンがあり、四季折々様々な花やハーブが咲きます。

神戸布引ハーブ園へ向かうロープウェイから見下ろす六甲山の山々の紅葉はまさに絶景です。

◉六甲高山植物園

六甲高山植物園は海抜865mの六甲山頂付近に位置する植物園で、標高865m、年平均気温約9度という環境で世界の高山植物、寒冷地植物、六甲自生植物など約1,500種が栽培されています。

この植物園にはイロハモミジ、オオモミジをはじめとするカエデ類や、ブナ、カラマツ、シロモジ、ツツジ類があり、毎年10月から11月ごろまで紅葉を楽しむことができます。

 

◉ねね橋

有馬温泉街のトレードマークとしても有名な「ねね橋」。豊臣秀吉の妻であったねねに由来した場所です。

遠くから見ても目立つ赤い橋で、観光客の方はみなさん写真を撮って帰られる人気フォトスポットでもあります。

秋になると側の木々が色づき紅葉スポットに変わり。真っ赤なねね橋とねね像、そして色鮮やかな紅葉を楽しむ事ができます。

 

関西で紅葉を楽しむドライブの穴場コースはここ!

関西には沢山の紅葉スポットがあります。

その数あるスポットの中から一押しを紹介しましょう。

 

⬛︎比叡山

比叡のもみじは、紅葉が最も見事な横川地域が有名ですね。

比叡山へは比叡山ドライブウェイで上ることができます。ドライブウェイは比叡山の山ひだを縫って走りカーブが多く、京都、大津市街、琵琶湖が望める快適な展望コースとなっています。

⬛︎武庫川(むこがわ)渓谷

この武庫川渓谷を流れる川と並行して続く旧福知山線の廃線跡のハイキングコースは、かつての鉄道の橋梁やトンネルと出会い、全長4.7kmの所々残された枕木の上を歩く鉄道ファンには郷愁の旅となります。

廃線跡には全部で6つのトンネルがあり、中はライトも無く真っ暗なのでヘッドライトや懐中電灯を持っていき照らしながら進めば、ちょっとしたスリルが味わえますよ。

⬛︎箕面(みのお)大滝

箕面大滝は「箕面公園」の中にあり、この公園は「明治の森箕面国定公園」の一角に位置しており面積は83.8haと広く「森林浴の森100選」にも選ばれています。

この辺りの楽しみ方としては大滝の他にも、春は新緑、夏は納涼、秋は綺麗な紅葉など年間を通じて多くの人々に親しまれ人気となっています。

大阪市内からも電車で30分程度とアクセスが良いですから、ドライブコースとしてもおすすめのポイントです。

 

まとめ

今回は関西の紅葉ドライブや穴場スポットについてお話ししました。

関西には沢山の紅葉スポットが沢山あります。

まだまだ紹介しきれない綺麗なスポットがあります。

是非、家族や友人で訪れてみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました