那須川天心と浅倉カンナが別れたって!?その理由はなに?11月30日に破局をツイッターにアップ!

スポンサーリンク

那須川天心さんと浅倉カンナさんのビッグカップルが別れちゃったという驚きのニュースが飛び込んできました。

格闘ファンでなくてもその名前が有名な浅倉カンナさんと那須川天心さんが分かれたというのは、昨日(11月30日)のツイッターで報告されていました。

とってもお似合いのカップルですし、何よりも強いというか強すぎる二人が恋人同士なんて普通はあり得ないじゃないですか・・。

それだけに世間も大注目でしたけどね。

この報告には、とにかくビックリするしかありません・・。

でも、なぜ別れちゃったのか気になりますよね。

ちょっと興味津々で調べてみました!

 

スポンサーリンク

浅倉カンナがツイッターで那須川天心との別れを報告しちゃった!?

11月30日に突然ツイッターにアップされたのがこちらの破局報告。

これにはファンの皆さんも超ビックリです!?突然でしたからね。

でも、温かい反応が数多く見られました。

●これから先ずっと応援する

●また復縁するのを期待しちゃいますが、2人の幸せを願っています。ただただ、残念で悲しいです。

●お似合いの2人だったので・・。付き合っているお互いにしか分からない事がいろいろとあったんでしょうね。ずっと応援してきた2人でしたから、今後も応援し続けます。

●天心さんもカンナちゃんも、これからも二人とも応援していきます!!

格闘ファンからはもちろんですが、多くの方々にもすごく応援されていた2W李だけにとても残念ですが、見守るしかないでしょう。

二人の恋愛が成就して、最強のベビーが生まれるなんて期待してたのは僕だけ?

これだけ最強で、これだけカッコいいもの同士のカップルなんて、今後はなかなか無いのではないでしょうか?

浅倉さん天心さん・・、んーーーー本当に何があったのか、人ごとながら気になります。

 

スポンサーリンク

浅倉カンナと那須川天心の経歴は?

○浅倉カンナさん

本 名 浅倉 栞南
誕生日 1997年10月12日(22歳)
出身地 千葉県
所属 パラエストラ松戸
身長 158cm
体重 48kg
階級 アトム級

総合格闘技 戦績 19 試合 15 勝 4 敗

2018年12月31日のRIZIN.14で浜崎朱加とRIZIN女子スーパーアトム級初代王座決定戦を行ったが残念ながら一本負け。

2019年3月9日、DEEP JEWELS 23でDEEP JEWELSアトム級王者の前澤智と闘ったときには、判定勝ちながらフルマークの完勝。

2019年6月2日、RIZIN.16では、あの山本美憂と対戦したものの、残念ながら判定負け。

 

 

○那須川天心

本名 那須川天心
誕生日 1998年8月18日(21歳)
出身地 千葉県
身長 165cm[1] 体重 55~58kg
スタイル 極真空手、キックボクシング、ボクシング
通称 神童
階級 バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(総合格闘技)

総試合数 33戦 33勝(内KO勝ち 25)0敗

 

スポンサーリンク

那須川天心と浅倉カンナが別れたのにはどんな理由が?

これは、お互いが格闘家ということもあるんじゃないでしょうかね?

カップルとして温かい目で見られるのと同様に、同じくらいの強さを求められたりと思っちゃったのが浅倉カンナさんなのかな?

コレは僕の勝手な想像なのであたってはいないかもしれませんが、天心=カンナと見てもらいたくなかったのでは?

でも、二人のファンは(カンナさんに対するメッセージですが)

「自分の大事にしているものを大切に。 1選手として、これからも試合を楽しみにしてるし応援してます」

「誰とカップルだろうがなんだろうが、カンナちゃんが好きだからこれからも応援してるよ」

「もっともっと強くなって」

などと応援っぽいメッセージが多いですね。

これだけ有名人同士のカップルになると、世間は勝手にいろいろなイメージを抱いちゃったりしますしね。

お互いに葛藤があったのは事実でしょうね。

今回の件を調べてみると、カンナさんが「もっと強くなりたい」「甘えは許されない」そういう風に決断したように感じます。

そんな熱意がバシバシ伝わってきました。

そりゃもう今よりもずっと強くなるしかないですもんね!
もしかしたら、私は私で強くなりたいって

ストイックな格闘家のカップルって、なかなか難しいのかもしれませんね。

やはり、恋愛を心置きなく楽しむのは引退後ということになるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

史上最強カップルとして有名だった二人です。

付き合い方も、、きちっと公言していて爽やかささえありました。、

そんなところが格闘ファンだけでなく、多くの人から応援してもらえる素地だったのでしょう。

それだけに残念です。

でも、これからはお互いに格闘家としてもっと高みを目指そうというのが二人の決断だと受け止められます。

コレはもう僕たちも全力で応援するしかありませんよね。

今後の二人の活躍を期待しましょう!!

タイトルとURLをコピーしました