名古屋市の小学校でイジメ?いやいや20万恐喝事件でしょ!現場の小学校はどこ?加害児童の名前や親は?

スポンサーリンク

名古屋市の小学校で5年生の児童が同級生から総額で20万円ほどを恐喝したというとんでもない事件が起こりました。

名古屋市教育委員会は、いじめ認定をして会見などを行っています。なんとか火消ししたい感じですね。

でも、全国の人がこのニュースを見て思ったのは「いじめ?」ですよね。これってどう見ても恐喝ですもんね。いわゆるカツアゲっていうやつでしょう。

 

この事件が報道されると、ネット上では現場となった名古屋市の小学校がどこなのか?恐喝した5年生6人の名前や顔画像などで騒然としています。

そこで、愛知県名古屋市の恐喝事件の小学校はどこか?犯人の小学生はどんな人物か?顔画像などはあるのか?について調べてみました!

 

スポンサーリンク

名古屋市の小学校で同級生を恐喝して現金20万円を奪った事件が発生!

愛知県名古屋市の小学校で、教育委員会曰くいじめがあったことが発覚しました。

いじめとは言っていますが、現実は「恐喝」です。

報道では、名古屋市の小学5年生の子ども6人が、同級生に対して「お金を持ってこないと一緒に遊ばない」とか「お金を持ってこないと仲間はずれにする」など言って現金を要求されたということです。

被害にあった児童は母親の貯金箱などから現金を入手して持ち出し、恐喝した児童に渡していたという図式です。

金額は10万円から20万円と報道されていますが、ほぼ20万くらいになるようです。

今年8月からこうした恐喝行為が始まったらしいのですが、10月になって被害児童の母親が貯金箱からお金がなくなっていることを把握して事件が発覚しました。

恐喝の階数は少なくても十数回に及びます。

「お金を持ってこないと一緒に遊ばない」という言葉を発すると言うことは、これ以前から被害者児童はこの同級生ら6人によっていじめられていたのでしょう。

恐喝して得たお金は、商業施設のゲームコーナーやスマホゲームに課金していたり、フードコートで飲食をしたりしていたようです。

小学生5年生といえば10歳くらいです。20万円という金額はあまりにも大きい金額ですね。

そして、驚くのはその恐喝方法なんですが、お金そのものを取るのではなく、一緒に遊びに行きその支払を被害児童にさせていたということなんです。

こういう風にやると奪ったことにならない、なんて悪知恵をはたらかせたわけではないでしょうね・・・。

このように、卑劣で卑怯な手口を使ったことに対しては、現在の年齢で最高に罰せられるようにしなければいけません。

そうしないと、このまま大人になったらもっと悪いことをしかねませんからね。

 

スポンサーリンク

名古屋市の小学生20万円恐喝事件が起こった小学校はどこ?

名古屋市の小学校で発生した5年生児童の20万円恐喝事件。

教育委員会は、その小学校の名前は出していません。まあ、立場上隠そうとはするでしょうが、いずれネット上では特定されることと思います。

判明した時点で追記しておきますね。

名古屋市教育委員会は、素早い反応で今回の事件を「いじめ」と認定しました。

しかし、一般の人はかなり違和感を感じますし、いじめ認定で逆に批判が沸き起こっています。

それもそうですよね。

今までは、誰がどう見てもいじめだろうという案件も、ぎりぎりまで認めず、状況証拠などが揃ってきて外堀を埋められると、渋々という感じで「いじめ認定」をするのが普通でした。

今回はすぐに「いじめ認定」です。

これは、「いじめ」と結論づけないとまずいぞ、という教育委員会の思惑が透けて見えるからです。

全国の人から見れば、これは脅迫であり恐喝ですからね・・。

学校内で起こった「いじめ」を超えて犯罪行為です。

現在のところ、現場の小学校がどこなのかは、ネット上を隅々まで探しても判明しませんでしたが、地元の方はもう分かっているでしょう。

ネット上にさらされるのも時間の問題かと思います。

 

スポンサーリンク

20万円恐喝の加害者6人の特定はどうなる?

名古屋市の小学校で起きた20万円恐喝事件。

卑劣な手口が明らかになればなるほど、加害者を特定する動きが活発になっています。

ただし、卑劣な犯人といっても小学5年生ですから、そこは何らかの配慮が必要でしょう。一番良いのは、顔出しがなくても加害者の親がきちんと公の場で謝罪し、今後こういうことの無いようにきちんと教育するという気持ちを見せることではないでしょうか?

また、一部では被害者へも批判のコメントが見られます。

やはり、自分の家の中とは言え、20万もの大金が幼い子どもの手の届くところに置いてあるということは反省しなければ行けません。

さらに言えば、そういういじめに遭った際には、お金で解決するのではなく、きちんと親や先生に相談して解決していくと言うことも教えなければいけないでしょうね。

 

スポンサーリンク

名古屋小学生恐喝事件 ネットの反応

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は、小学生が起こしたこととは言え、中見があまりにもえげつないもので、全国的に大きなニュースとなってしまいました。

これを、他人の出来事として批判しているだけでは何も変わりません。

自分の子どもや孫、親戚や知り合いの子どもなど、多少うるさがられても、人として言い悪いの判断が出来るように言い聞かせるというのも大人の責任だと思います。

出来れば、今回被害に遭った子どもも、加害者となった子どもも、将来はきちんと普通の大人に育っていくことを望みます。

タイトルとURLをコピーしました