神奈川県民の個人情報流出か!?|ブロードリンク 県がデータ消去依頼のHDDオークションで転売!

スポンサーリンク

神奈川県庁の納税等に関する大量の個人情報が入ったハードディスク9個を、データ消去依頼を受けたブロードリンク社員がネットオークションで転売されてるという事件が発生しました。

神奈川県民の納税データが流出したということです。

しかも、本来はデータ消去をし機器を処分しなければ行けない会社の社員が、勝手に転売したのです。

社員個人だけの関与なのかはまだ分かっていませんが、ネットオークションで転売したと言うことなので、おそらく小遣い稼ぎでしょう。

あまりにもずさんだと思いませんか?

 

事件が発覚したのは、とあるIT企業経営の男性が、オークションに出品されているその9個のハードディスク(HDD)を購入したからです。

仕事で使用する前に中身を確認したら、神奈川県庁の行政文書が入っていて相当な個人情報もあったため、情報提供したということです。

この事件って、サラッと報道されていますけど、かなりの重大事件だと思いませんか?

 

スポンサーリンク

ブロードリンクっていったいどんな事業内容の会社なの?

一般の方は、今回の個人情報流出事件で「ブロードリンク」という会社知ったのではないでしょうか?

僕も知りました。

そこで、ブロードリンクの事業内容について詳しく調べてみました。

ブロードリンクは、パソコンや情報機器などのリユースやリサイクル事業を主に取り扱っています。オフィスデスクなどもリユース・リサイクルしているようです。

そもそもの事業は、約20年前に中古パソコンの販売を目的として事業を創業しました。

徐々に規模も大きくなり、現在は社員256名というそこそこの規模になっています。

売り上げも、約70億くらいありますね。

リーマンショックの時に経営危機があったそうですが、そこでデータ消去サービスを始める事で業績を回復しました。

データ消去サービスの開始と共に大手リース会社との契約も始まったそうですが、その時に「セキュリティが万全じゃないと契約できませんよ」と言われ、ブロードリンクの社長が「大丈夫です。データを画面にある〝ゴミ箱〟に入れて削除すればよいんでしょう?」
と答えたという逸話が残っています・・・・、あくまでも噂ですが(笑)

でも、そんなレベルじゃパソコン素人ですから、実際には業績を伸ばすことが出来るわけがありません。

その後の業績をみると「データ消去サービス」がきっちりと事業化されていたのでしょう。

しかし、蒸気のような逸話があること自体、今回のような安易な個人情報の流出に繋がったのでは?と勘ぐられても仕方ないですね。

データリンク社の取引先は、被害に遭った神奈川県庁を初めとして、行政機関や大手企業など9000社以上になります。

しかし、今回のようなあり得ない個人情報流出問題は、ブロードリンクの事業内容なら絶対にダメです。相当な信用失墜でしょう。

そもそもが、データの流出を防ぐために委託された業務なのに、その会社がデータ消去もせずに事もあろうかネットオークションで売っちゃうなんて・・・。

最低です。

 

スポンサーリンク

ブロードリンクの社員が未消去のハードディスクをオークションに出品!

今回の事件は、データ消去作業の担当者が、保管していたハードディスクをネットオークションに出品したものです。

購入した男性から、そのハードディスクに膨大な個人情報、しかも行政の情報が残っていると告発してくれたので、世間の目に触れました。

こんな大事件を裏で処理されたら大変です。

ブロードリンク社も担当者も、相当厳重な処分をしてもらわなければなりません。

だって、自分が払った税金の額とかが流出しちゃってるんですよ。

シャレになりません。

 

オークションで転売した社員は、ハードディスクにそのような重大な情報が入っていた事は知らなかったと話しています。

しかし、担当者としては、データが残っているかどうか確認するのが当然でしょう。

さらに、ブロードリンク社はデータ処理を委託されたわけですから、処理した後のハードディスクの処分についても責任があるでしょう。

社として責任のある会社の財産を、社員が勝手にネットオークションで転売しチャウって言うのはちょっと考えられません。

ネットオークションでは、ハードディスクはけっこう売れ筋の商品らしく、9個も転売すればけっこうな額になったでしょう。

ということは、転売した社員の小遣い稼ぎでしょうか?

しかも、一気に9個をネットオークションに出品すると言うことは、ハッキリ言って慣れていますよね。

今回が初めての行為ではないと疑われてもしょうがないと思います。

そんな行為を見逃していた会社にも相当な責任がありますね。

これは、その社員や上司を含め、会社としてきちんと説明する責任があります。

 

スポンサーリンク

ブロードリンクの社員の流出問題についての世間の声

 

スポンサーリンク

ブロードリンク事業内容・流出まとめ

データー消去を事業としている企業が、そのデータが残っているハードディスクをネットオークションで転売する、そんなことは絶対に許されません。

今回落札した方が良い人だったから良かったものの、もし悪意のある人の手に渡っていたら、管理大変なことになっていました。

知らなかったでは決して済まされません。

納税の情報など、は絶対に流出させてはダメな情報です。

深く反省してもらいたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました