ヒップホップ界のスターラッパーJuice WRLDが突然死!?薬物?一体何があった?

スポンサーリンク

とても驚きのニュースが飛び込んできました。

ヒッピホップ界のニュースターJuice WRLDが、12月8日突然死亡したとのことです。

なんとまだ弱冠21歳だったんですね・・。

Juice WRLDは昨年リリースした「Lucid Dreams」が大ヒットし、ブレイクというよりも大大ブレークしたヒップホップ界ニュースターです。

「Lucid Dreams」には、スティングが1993年にリリースした名曲「Shape of My Heart」をサンプリングしたことでも話題になりました。

あの悲しい曲をラップに?って思いましたけど、みごとにJuice WRLDのShape of My Heart」を表現していました。

実際にスティングと共演したMVも素敵でしたね。

この曲を聴いただけで、相当な才能を持っていると思いましたし、もちろんこれからずっと活躍してくれると思いましたが、21歳のJuice WRLDに何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

Juice Wrld(ジュース・ワールド)が21歳で亡くなる??薬?病気?その死因は?

Juice WRLDといえば、4月のコーチェラ2019に、バンドと共に2ndアルバム「Death Race for Love」をひっさげてライブセットを披露しました。

豪華アーティストが集うコーチェラ2019中でも、Juice WRLDは目立ってましたよね。

ちなみに、コーチェラ2019には日本からPerfumeが出演していました。

 

そんな元気に活動していたJuice Wrld(ジュース・ワールド)が突然死亡したと言われても・・・ちょっと現実を受け止められません。

わずか21歳ですからね。

一体どうしちゃったんでしょうか?

イリノイ州のクック郡検視局の報道官の話では、同局がJuice Wrldの死亡の通知を受けたということですので、どうやらガセ情報ではなく本当のことのようです。

Juice Wrldは、日曜の朝にカリフォルニアからシカゴへ自家用ジェットで到着したそうです。

飛行機から降りて空港を歩いているときに突然発作を起こして倒れてしまいました。

救急隊員が空港に駆け付けた時には、口から血を吐いている状態だったようですが、病院に運ばれたときにはまだ意識があったようです。

そのご息を引き取り死亡が確認されました。

現時点では死因については明らかになっていません。

Juice Wrldは、以前のニューヨーク・タイムズのインタビューで、10代の頃は大量のザナックス(Xanax)摂取したことを認めていましたが、現在は薬物の使用は極力抑える努力をしていると答えていました。

ザナックス(Xanax)は抗不安薬ですね。

2017年になくなった、同じくラッパーのリル・ピープの死因もザナックス(Xanax)の大量摂取によるものと言われています。

ジューシー・ワールドも、もしかするとザナックス(Xanax)の摂取をやめられなかったんでしょうか?

21歳で突然死というと、やはり薬物の大量摂取が疑われますね。

 

スポンサーリンク

Juice WRLD(ジューシー・ワールド)の経歴は?

Juice WRLD(ジューシー・ワールド)は、イリノイ州シカゴ生まれの21歳。

ラッパーであると同時にソングライターでもあります。

本名は、ジャラド・アンソニー・ヒギンズと言います。

2018年にシングルリリースした「Lucid Dreams(ルシード。ドリームス)」がビルボード2位の大ヒットとなり、アルバム「Goodbye&Good Riddance(グッドバイ&グッド・リダンス)」も4位を記録しました。

2019年になってからは、「Death Race for Love(デス・レース・フォー・ラヴ)」が全米1位になっています。

Juice WRLDは、未公開曲が1000曲ほどあると言っていますから、その才能は惜しまれますね。

日本のファンにとっては、Hip Hop DNA主催の初来日イベントで、誰もが驚いた「Lucid Dreams」の2回披露でしょう!!

現代芸術家の村上隆氏とも交流があったようですし、けっこう親日だったのかもしれません。

K-POPのBTSともコラボ曲「All Night」をリリースしたりしていますから、親日というよりは親アジアだったのかな?

 

スポンサーリンク

Juice WRLD(ジューシー・ワールド)の死に関してネット上の声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

Juice WRLD(ジューシー・ワールド)さんの死は、まだ薬物の過剰摂取と決まったわkrではありません。

でも、21歳はあまりにも早すぎ・・・。

アメリカでビッグになれば、それだけで普通の精神状態で入られないのかもしれませんが、その才能はこれから先ももっともっと世界中の人の心にひかせて欲しかったのですが。

残念です。

でも、健康管理もきちっとして早寝早起き、食事も気を使って・・・、そんな感じで生活しているラップミュージシャンとか、大物になりそうもないですもんね。

とりあえずはご冥福をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました