ワールドツアーグランドファイナル 卓球女子シングルスが【ヤバい】!石川佳純と平野美宇の東京オリンピック代表争いの行方!

スポンサーリンク

卓球のワールドツアー・グランドファイナルが今日12日に開幕します。

開催日 :2019年12月12日(木)~2019年12月15日(日)
会場鄭州:(中国)

今大会の注目はなんと言っても女子シングルス!

ほぼ東京オリンピックの女子シングルスの代表が決まりなのは、ポイントで伊藤美誠選手のみ。

2枠ある代表のもう一枠を石川佳純選手と平野美宇選手が争っています。

 

 

ポイントが加算されるのは、今回のワールドツアー・グランドファイナルが最終戦です。

ということは、今大会の成績で卓球女子シングルスの東京オリンピック代表が決まるということです。

しかも、石川選手と平野選手のポイント差は135とごく僅か。一つでも上に行った方がシングルス代表に決定します。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック卓球女子シングルス代表争い!同順位なら石川!平野は一つでも上なら決定!

東京オリンピックの卓球女子シングルスの代表争いが熾烈を究めています。

各種大会のポイント上位2名が代表に決定するのですが、そのポイント加算の大会も、今回のワールドツアー・グランドファイナルが最終戦です。

伊藤美誠選手はポイントが抜けて1位ですのでほぼ決まりです。

 

 

問題はもう一枠を争う2位が誰になるかです。

最終戦を残して、石川佳純選手は11515ptで平野美宇選手が11325ptと、その差はわずかです。

この差は、どちらかが一つでも上に行けば逆転する数字です。ですので、今大会で石川選手と平野選手が同じだったら石川選手が東京オリンピックのシングルス代表に決定。

平野選手が代表になるためには、石川選手より一つでも上に勝ち進まなくてはなりません。

どちらが有利ということもないでしょう。2人ともギリギリの精神状態で戦うことになると思います。

ただし、平野選手は負ければその時点終わり。石川選手は負けても平野選手の結果によるということになりますね。

 

スポンサーリンク

卓球のワールドツアー・グランドファイナル 女子シングルスの組み合わせは?

卓球のワールドツアー・グランドファイナルの組み合わせは、昨11日に行われました。

ワールドツアー・グランドファイナルは、世界のランキング上位16名で行われる大会ですので、結局は誰と当っても強い相手なのは確かです。

 

 

石川佳純選手は1回戦で中国の劉詩ブン選手と対戦することが決まりました。劉詩ブン選手は世界選手権で優勝した世界ランク3位の選手です。

一方の平野美宇選手は、同じく中国の王芸迪選手との対戦が決まりました。王芸迪選手は世界ランク18位です。

ちなみに、石川佳純選手は世界ランク10位、平野美宇選手は世界ランク11位です。

先日の北米オープンでは、石川選手と平野選手が決勝に進み、緊迫の対戦をしたばかりです。

勝利した石川選手が泣いてしまったくらいですから、現在の二人の置かれている状況が以下に辛いものなのか分かりますね。

 

 

もし二人が同じラウンドで敗れた場合には、石川選手にとっては当初出場予定のなかった北米オープンの勝利は、非常に大きいものとなります。

敗れた平野選手も吹っ切れたという感じのインタビューでしたし、追われるプレッシャーから解放されて、能力を発揮するでしょう。

もしも二人が勝ち続けて決勝で対戦するなどということになったら、日本スポーツ界の歴史を飾るものすごい試合になりますね。

五輪代表争いはともに今大会で1つでも多く勝ち上がった方に軍配が上がる。両者が同じ成績であれば、選考ポイントで2番手の石川に決まる。

スポンサーリンク

ネット上の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

勝負の世界ですから結果しかありません。

石川佳純選手にも平野美宇選手にも、精一杯頑張ってとしか言えないですよね。

北米オープン勝利の時の石川佳純選手の涙は感慨深いものがありましたが、前回のオリンピックで控え選手として悔しい思いをしたであろう平野美宇選手には、ぜひ東京オリンピックの舞台に立ってもらいたいという思いもあります。

本当に悩ましいですね。

卓球の女子シングルスといい、バトミントンの女子ダブルスといい、オリンピックで勝つことよりも日本で代表になることの方が厳しいなんて・・・。

それだけ日本がレベルアップしているということなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました