『色気は分娩台に置いてきました。』作者だった!平石桃子さんはIT企業の日本法人勤務・育児書の出版も【豊洲マンション虐待死】

スポンサーリンク

今年の9月に起こった、江東区豊洲のタワーマンションでの幼児虐待死事件。

殺害された山田隆太郎区の母平石桃子さんと犯人の渡辺雄二容疑者は、平石さんが住んでいたタワーマンションで同居していました。

 

渡辺雄二容疑者が大手企業のIHI社員だったことでも話題になりましたが、もっと話題になり様々な憶測を呼んだのが平石桃子さんでした。

勤務先や経歴などを調べる人が続出しましたが、なかなか判明しませんでしたが、ここに来てだいぶ分かってきました。

平石桃子さんは、アメリカに本社を置くIT企業の日本法人勤務ということが分かりました。

っそして、もっと驚いたのが・・・。

 

スポンサーリンク

平石桃子さんはIT企業に勤務しながら著書『色気は分娩台に置いてきました。』を出版!

隆太郎君の母である平石桃子さんは、北米に本社を持つIT企業の日本法人に勤務しています。

渡辺容疑者の犯行当時、海外出張だったと言うことでネット上で批判などを受けてしまいましたが、仕事で世界を飛び回るという生活だったのですね。

シングルマザーの平石桃子さんが豊洲のマンションに住んでいると言うことで、大手企業勤務では?もしかすると渡辺容疑者と同じIHI社員なのでは?などどと、いろんな噂が飛び交いました。

「私が出張に行かなければ」と悲痛の声を上げていましたね。

 

そんな平石さんに、もっと驚く経歴があったんです!

実は、平石さんはインスタで隆太郎ちゃんとの暮らしぶりをイラストとともにアップしています。

そのフォロワー数は、なんと10万人を超えています。

さらに驚くのが、そのインスタをまとめた著書を出版しちゃってたんです。言ってみれば児童書の作家と言うことです。

本のタイトルは『色気は分娩台に置いてきました。』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

色気は分娩台に置いてきました。[本/雑誌] / ヤマダモモコ/著
価格:1018円(税込、送料別) (2019/12/19時点)

楽天で購入

 

 

 

この本は、育児の苦労や楽しさなどを綴っており、時には自虐ネタなどを含む等身大の育児の姿を包み隠さず書いていて、とても人気となったそうです。

増刷もしたそうですから、その好評さが分かると思います。

平石桃子さんは、IT企業に勤務して海外を出張するほど忙しく働く傍ら、育児書を出版するというスーパーママさんだったんですね。

 

スポンサーリンク

渡辺雄二容疑者は山田隆太郎君の虐待死をいまだに否認!

大手重工業・IHIの社員だった渡辺雄二容疑者(34)は、逮捕勾留されて以降も否認を続けているそうです。

風呂場で浮いている隆太郎君を見つけて通報したと話し、あくまでも事故という主張をしているようですが、隆太郎君の肺には溺れた際に飲み込んだ水ではなく多量の血が溜まっていました。

死因は腹部への打撃による内臓損傷のための失血死だと警察が断定。

頭頂部にも出血ありましたし、客観的には暴行が明らかです。

渡辺雄二容疑者は、早く罪を認めて償うという姿勢を示してもらいたいものです。

 

スポンサーリンク

平石桃子さんと息子の隆太郎君の暮らしぶりは?

二人をよく知る人によれば、保育園の帰り道に親子で手を繋ぎ歌いながら帰って来る姿をよく見かけたとか。

また、階段をよいしょ、よいしょっと言いながら登る、微笑ましい姿も見かけられたと言うことです。

母と子の仲がとても良かったんだなというエピソードですね。

 

そんな仲の良い親子関係が、微妙に崩れていったのは、やはり平石さんが渡辺雄二容疑者と付き合いを始め、結果的に一緒に暮らし始めたことが原因というのは明らかですね。

渡辺容疑者からすれば、シングルファザーとシングルマザーが一緒になればお互いが良い方向に行くだろうと思ったのに、現実的には自分の家事や育児の負担が増えて逆ギレし、その憎しみが隆太郎君へ向かってしまったのかもしれませんね。

やはり、血の繋がっていない子どもを育てると言うことは並大抵ではありません。

 

シングルマザーの女性は、再婚というゴールだけを考えるのではなく、相手の人柄や性格などを慎重に見極める必要がありますね。

 

スポンサーリンク

平石桃子(ヤマダモモコ)さんへのネットの声

「まさかこの本の方だったとは…」

「この本のあの子が亡くなったと思うと悲しいです。」

「連れ子のいる男性だからといって、他人の子の世話まで慣れている人物は決して多くない。」

「息子も同時期に生まれ、共感の内容も多く、いつも笑わせてくれて、大好きだった。本も持っているし、息子さんも可愛くユニークで大好きだった」

信じられない…いつの間にご主人と離婚されてたの…知らなかった…
名無しさん
底辺カップルにありがちな事件と思ったけど、この件は違うんだな…

「この本を書いたときはまだ元旦那さんと3人で幸せに暮らしていたようなのに、その後何があったかわからないけど、内縁夫に虐待されて死んでしまった子供がただただかわいそう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

平石桃子さん(ヤマダモモコさん)は、才能あふれる素晴らしい方だったんですね。

こんなにもファンの多い方だったなんて・・・。

それにしても渡辺雄二容疑者の否認はあまりにも酷い。そもそもこんな犯行が出来ること自体が信じられませんが・・。

やってしまったのだから、素直に罪を認め精一杯償う気持ちになれないものでしょうか?

とにかく隆太郎君のご冥福お祈りし、平石桃子さんが少しでも元気になれるように陰ながら応援したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました