新潟県長岡市の中学校で不正アクセスで成績改ざんした生徒の手口と学校名!!!

スポンサーリンク

新潟県長岡市の中学校で、そこの生徒が教員用のサーバーに不正アクセスし、自分の成績を改ざんするという事件が発生しました。

えっ、そんなことが出来るの?しかも中学生が?と話題になっています。

その犯人の中学生は、どのような手口でサーバーに侵入し、どのように改ざんしたのでしょうか?

 

また、この不正アクセスがあった中学校はどこ?とネット上では注目されています。

今回は不正アクセスがあった長岡市の中学校がどこなのか?不正アクセスをした中学生の手口は?などを詳しく調べてみました!

 

スポンサーリンク

長岡市の中学校で不正アクセスで成績改ざんした生徒の手口とは?

新潟県長岡市の中学3男子生徒が、教員用のサーバーに不正アクセスして、自分の成績を改ざんするという事件が発生しました。

犯人の中学生は、不正アクセス禁止法違反容疑などで書類送検されました。

 

 

でも、これってこの中学生はもちろん悪いですが、学校側の情報管理があまりにもずさんということにもなりますよね。

犯人の中学生だけが悪いという報道のされ方をしていますが、この中学校と長岡市の教育委員会は、担当者の処分を含めて相当な反省をしてもらわなければいけませんね。

だって、この中学生は自分の成績を改ざんしましたが、そのサーバーにアクセスできていたと言うことは、他の生徒の成績も改ざんできるし、何よりも成績を含めた個人情報がダダ漏れ状態だったと言うことですから・・・。

 

さて、肝心の不正アクセうをどういう風にやったのかですが、基本的にはIPアドレスやパスワードを把握していないとアクセスは出来ないようになっていました。

しかし、この生徒は校内の発表資料の作成のため今年6月に教員からノートパソコンを借りたそうなんですが、その時にそのノートパソコンからIPアドレスを入手したようです。

また、パスワードは専用のアプリを解析したと供述しています。

 

 

この中学校では、生徒一人に1台ずつタブレット端末を渡していたそうですが、実際の犯行は生徒強要のタブレット端末の設定を変更し、自宅で自分のスマートフォンから遠隔操作でサーバーに不正アクセスしました。

自分の成績表の中から、社会科、美術、技術家庭の5段階評価を改ざんしたようです。

英語や数学や国語でないというのは、そっちの方は成績が良かったのかな??

 

この生徒は、新潟県警の聴取に対して「親に良い成績を見せたかった」と言っています。成績にはうるさい家庭だったんでしょうかね?

現在、この生徒は普通に通学しているようです。

「好奇心が勝り、悪いことをしてしまった。いろいろな人に迷惑をかけ申し訳ない」と反省しているようですし、このような高度な技術を持っているのですから、その能力を人々の幸せに役立ててもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

長岡市の中学校はどこ?学校名は特定された?

不正アクセスした生徒の通う中学校はどこ?と言うことでネット上で噂になっています。

実は今のところはどこの中学校なのかは特定できていません。

 

 

ネット上の噂で一番多いのが「新潟大学教育学部附属長岡中学校」、次に多いのが「長岡西中」ですね。

特に附属中学校では?という意見が一番目立ちます。

理由はこのような事件の場合「市立中」とか「公立中」というのが一般的なのに、わざわざ長岡市内の中学校と言っていること、また、タブレットを生徒に配布していること、さらには、学校側の記者会見が長岡市ではなく新潟市で行われたことなどが、「新潟大学教育学部附属長岡中学校」ではないかと言われる根拠になっています。

いずれにせよ、長岡市には多くの中学校がありますので、特定には時間がかかるかもしれませんね。

地元ではもうバレているのかな?

もし分かりましたら、またお知らせします。

 

スポンサーリンク

ネット上の反応とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いけないことはいけないと思います、犯罪ですからね。

でも、そのスキルはきっと将来人のために役立てられるのではないでしょうか?

まだ中3ですから、これを深く反省して立ち直ってください。

 

それにしても、学校側はもっと危機感を持たなければいけませんね。

不正アクセスされると言うことは、個人情報が抜かれてもおかしくなかったと言うことです。

悪意のある誰かが同じようなことをしたら大変なことです。

管理の徹底を望みます。

タイトルとURLをコピーしました