和牛が上沼恵美子にマジギレされる放送事故レベル!M1大反省会では卒業宣言!

スポンサーリンク

咋12月22日開催された第15回M1グランプリ決勝戦は、初決勝進出のミルクボーイが番組史上最高得点を獲るなど強烈なインパクトを残して見事に優勝しました。

敗者復活戦から勝ち上がった「和牛」や「かまいたち」などの実力派を抑えての優勝ですが、「ぱぺこ」など面白いコンビがどんどん出てきてましたね。

素人目にも今年のM-1はレベルが高いと感じました。

 

そんなM-1で。もう一つ大きな話題になったのが上沼恵美子さんの和牛へのマジギレです。ツイッターでは大炎上となっていました。

その真相などや、反省会で口にしたM-1引退のことなどについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

上沼恵美子が和牛にマジギレ!放送事故レベル!?

12月22日(日)に行われたM1グランプリ2019では、圧倒的なインパクトを残した「ミルクボーイ」が優勝しました。

誰も考えつかないようなコーンフレークのネタは面白かったですね・・・。

そんな中、審査員の上沼恵美子さんが和牛にマジギレして話題になっています。

 

 

上沼さんがマジギレしたのは、直接ではなくて「からし蓮根」のネタが終わったあとにコメントしているときでした。

からし蓮根に対して「初々しいね、和牛には悪いんだけど」と突然の前振り。

その後は

「私は去年もその前も和牛にチャンピオン入れました。でも、中そういう横柄な感じが和牛に対して感じました」

「だから厳しい意見を。なんかこのステージは僕のもの、リサイタル。緊張感も何にもない、そういうぞんざいなものを感じました」

ここまで来て、MCの今田耕司さんが「上沼さん、どうされたんですか」とツッコんで、なんとかからし蓮根の方へ話しが戻り「からし蓮根は初々しいものを感じ、フレッシュだし、必死さやてっぺんを獲ろうという気持ちがギュっと伝わってきて、私は大ファンよ」

これで落ち着いたかと思ったら

「なんか分からないけど、和牛のようなあんな問、なんか大御所みたいに」

「私は昨年もその前も、和牛をチャンピオンで押してるのよ。それなのに決勝に残りくさらんかった。それが腹立つつーんですわ」

と再度マジギレ・・・!?

 

これには和牛も唖然とするしかありませんでしたが、ネット上では賛否両論ですかね。

やや否定的な意見が多かったように思います。

この上沼恵美子さんの和牛へのマジギレコメントは、和牛の実力を認め押しているからこその、上沼流叱咤激励のようにも感じましたが・・・。

 

スポンサーリンク

M1大反省会で和牛卒業宣言!?GYAO視聴者殺到でサーバーダウン

M-1は、毎年その面白さが話題になる一方、終了後に開催されるM1大反省会もなかなか本音が飛び交って注目されています。

過去にもヤバい発言ありましたよねーーー。

 

 

もちろん、上沼恵美子さんの和牛へのマジギレ発言も話題でしたが、そんな中コメントを求められた和牛は

「今年のM1何が一番ダメだった?」

「服です」

そこかー(笑)。

 

さらにその後気になる発言が

「M1を卒業する」ということなんですね。

皆が「エッ本当に?」驚いたようです。

ただし、気になる発言も…。

もっとも、「あとまだ2年ありますが、卒業」という発言でした。

 

M1の出場資格の「結成してから15年未満」という制限に関してだと思いますが、これを聞くと「あと2年頑張って卒業」ともとれるし「あと2年あるけどもう卒業します」ともとれます。

どっちなんでしょうね?

 

スポンサーリンク

M1大反省会で麒麟川島が明かした「和牛はぺこぱを見ていない」

「M-1グランプリ2019」決勝の生放送終了直後にGYAO!で生配信されたのが、決勝に進んだファイナリスト10組全員が出演する「世界最速大反省会」です。

「世界最速大反省会」では、ファイナリスト10組が、MC小籔千豊と今大会を振り返っていくのですが、笑い飯やナイツ土屋、パンクブーブー佐藤や麒麟・川島という、M-1ではおなじみの皆さんも一緒にトークしていきます。

 

 

その中で麒麟の川島さんが衝撃事実を暴露しました。

和牛はインディアンズのネタが終わりその特典を確認したあと、3位は大丈夫だと確信したのか、ネタ合わせに行ったのだそうです。

9番目がインディアンスでしたから、和牛の二人は「ぺこぱ」には抜かれないだろうと思っていたと言うことですね。

ネタ合わせから戻った和牛の二人は、なんと2点差でぺこぱに負けたという事実を知らされました。

 

もしかすると、このあたりが上沼さんの言う「大御所みたいな漫才」「緊張感がない」「横柄な感じ」というのに繋がっているのかもしれませんね。

確かに、「和牛」の漫才は大御所の域ですけど、大会に出場するからにはがむしゃらさも必要なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

M1大反省会「和牛」ツイッターの声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

とにかく今年のM-1のレベルの高さは半端なかったですね。

決勝進出の9組が発表されたときには「大丈夫なんか?」と思いましたが、いやいや本当にすいません。

和牛も、上沼さんにはマジギレされましたが、あれも愛情あってこその激励でしょう。嫌いな人には何も言わないのが人間ですから。

M-1卒業という話も出ましたが、今回の上沼さんのコメントをよく分析して、来年はもっとガツガツしたM-1で優勝したいねん!という気持ちを前面に出した漫才も見てみたいような気もしますが・・・。

タイトルとURLをコピーしました