新井宏和被告(47)が懲戒免職|新里東小の真面目な教師が背筋も凍る女児ストーカーのなぜ?

スポンサーリンク

群馬県内の小学校教師新井宏和被告23日付で懲戒免職となりました。

新井宏和被告は、小学校の女児に長年にわたってスートーカー行為を繰り返し、その数はなんと40回。

さらには、女児の自宅に侵入して抱きつくなどの鬼畜行為を犯していました。

新井宏和被告は、10月に強制わいせつで逮捕・起訴され、現在裁判中です。

 

スポンサーリンク

群馬県鬼畜わいせつ元小学校教師・新井宏和被告の許せない異常犯罪とは?

新井宏和被告(47)は、女子児童を2年間ストーカーしていました。そればかりではなく、自宅にも侵入して抱きつくなどの異常な犯罪を犯しています。

懲戒免職も当然でしょう。

 

 

新井宏和布告の女児ストーカーの手口や犯行動機を探っていきます。

まず、新井宏和被告は、教育委員会に犯行動機を質問された際に「小学生と話ができるのをうれしく感じた」という答えをしています。

「小学生と話ができるのをうれしく感じた」って、あなたは毎日小学生と話していたのではないですか?って感じですよね。

このような子供じみた犯行動機を聞くと、おそらく余罪があるのではないかと疑われても仕方がないですね。

本来であれば、小学生と話をして嬉しく感じる事が目的ではなく、小学生を正しく教育することが新井宏和被告の仕事なはずです。

こういう考え方の人が、小学校の先生になってはいけません。

 

まして、家の中に入り込んで女児に抱きつく行為などは、強制わいせつという罪だけでなく、保護者が不在の時間を調べて押し入った計画的犯行ではないでしょうか?

こんな計画性の高い、変態的行為の犯罪に対しては、厳しく厳罰に処してもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

新井宏和被告の経歴と勤務していた小学校は?

名前:新井宏和
年齢:47歳
職業:群馬県にある公立小学校に勤務していた元教師
罪状:強制わいせつ

新井宏和被告は、小学校教師でありながら、勤務していた小学校ではない他の小学校の女児に対してストーカー行為を繰り返していました。

さらには、女児の家に入りこんで抱き付くという強制わいせつ行為を行っています。

 

 

何があってもおかしくない世の中になってしまいましたから、先生のセクハラ行為などは時々聞くようになっちゃいましたが、さすがに被害児童の家にまで侵入してわいせつ行為に及ぶという話は聞いたことがありません。

はめずらしくなくなってきたこのご時世ですが、さすがに保護者の許可なく、女児の家に入り込む教師は聞いたことがありません!

 

また、保護者も「知らない人について行っちゃダメ」とかは言い聞かせているでしょうが、まさか自宅に信用していた先生が侵入するって、驚きを通り越して恐怖すら感じてしまうのではないでしょうか?

 

そんな新井宏和被告が勤務していた小学校はどこか?というのが話題になっています。

実は、新井宏和被告の勤務していた小学校については、以下のようなツイートが見られました。

 

さらには、群馬県桐生市立新里東小に新井宏和被告が移動になったとの内容が書いてある保護者向け通知書を確認した人もいる、という情報があります。

桐生市には、桐生市立東小学校という小学校もあるのですが、ほぼ桐生市立新里東小学校で間違いないでしょう。

 

桐生市立新里東小学校は、群馬県桐生市新里町新川2072になります。上毛電鉄の新川駅から徒歩で10分居ないではいける場所に位置しています。

 

スポンサーリンク

新井宏和被告の女児ストーカーについてネットの声は?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、小学校の教師が小学生の児童をストーカーして、さらには自宅に侵入して抱きつく行為など、どう考えたって許されるわけがありません。

新井宏和被告は方によって裁かれるでしょうが、被害を受けた女子児童の心には、一生トラウマが残ってしまうのではないでしょうか?

家族のみならず、小さなお子さんを持つ全国の親御さんに、不安な気持ちを与えたり、教育への信頼を損なったりしたことは、取り返しがつきません。

この件だけではないですし、全国の教育者は襟を正してもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました