【富田林市放火犯】逮捕された依岡あゆみが美人と話題|同僚男性の新築住宅に放火&赤ペンキは何故?

スポンサーリンク

今年の11月12日の夜に、大阪府富田林市で建築中の住宅にガソリンで火をつけたり赤い塗料を吹き付けるなどをした疑いで、依岡あゆみ容疑者が逮捕されました。

 

 

依岡あゆみ容疑者が犯行に及んだ新築住宅は、勤務先の同僚男性宅だったと言うことで、いろいろな憶測を呼んでいます。

さらに話題なのが、依岡あゆみ容疑者がかなりの美人だと言うことです。

逮捕されたときの映像が流れると「美人だ・・・」とネットがザワつきました。

今回は依岡あゆみ容疑者の顔画像と犯行動機などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

【依岡あゆみの顔画像】美人と噂の犯人画像|事件の概要と犯行動機は?不倫が原因か!?

まずは下記のツイッター画像をご覧下さい。

事件の内容とかいつ逮捕されたということよりも、依岡あゆみ容疑者の顔に目を奪われた人は多いでしょう。

パッと見た瞬間に美人だ、と思っちゃいました。

 

 

出も、こんな美人が何故「放火&赤ペンキ」という犯罪を犯してしまったんでしょうか?

 

以下がABCテレビで報道された内容です。

大阪府富田林市で先月、勤務先の同僚男性の新築住宅にガソリンで放火して、燃やそうとした疑いなどで31歳の女が逮捕されました。

大阪府羽曳野市に住む、依岡あゆみ容疑者(31)は、先月12日の夜から未明にかけて、富田林市で建築中の住宅前に置いてあったのぼりにガソリンを使って火をつけ、住宅を燃やそうとした他、外壁に赤色の塗料を吹き付けた疑いで逮捕されました。この住宅は、依岡容疑者がアルバイトをしていた職場の同僚の男性社員(30代)のものでした。火は自然に消え、熱によりドアが損傷したものの住宅に大きな被害はありませんでした。警察の調べに対し、依岡容疑者は容疑を認めていて、警察は動機やトラブルの有無などを調べています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00024466-asahibcv-l27

 

報道の内容から、依岡あゆみ容疑者は2019年11月12日に大阪府富田林市にある新築住宅の前に置いてあったノボリに火をつけ、さらには赤色の塗料を吹き付けるなどしたもようです。

その新築住宅は、依岡あゆみ容疑者の勤務先の同僚男性の家であることも判明しました。

依岡あゆみ容疑者が犯行を行った動機や理由は後に探ってみますが、放火は重大な犯行です。

何故そこまでしなければいけなかったのか、謎は多いですよね。

 

スポンサーリンク

依岡あゆみの犯行動機は不倫か!?

依岡あゆみ容疑者は、逮捕されてからの取り調べで犯行については認めています。しかし、何故行ったかという犯行動機については、今のところ明らかになっていません。

犯行を認めているわけですから、警察の取り調べですぐに明らかになることと思われます。

 

 

ただ、普通に考えれば、被害に遭った男性とは恋愛関係にあったのではないか?と言うことは容易に想像できます。

でも、その男性は家を新築していたというのですから、おそらく結婚していたのではないでしょうか?

とすると、依岡あゆみ容疑者と被害男性は恋愛関係ではなくて「不倫関係」ということになりますね。

 

その被害に遭った男性は、家を新築するくらいですから結婚生活は続けていくという意志が強いのでしょう。

であれば、依岡あゆみ容疑者はその同僚男性から関係を清算したいと言われ、そのことにショックを受けて、同僚男性の新築住宅に嫌がらせを行為をしたのかもしれません。

 

また、その新築した家を狙ったと言うことは、同僚男性は結婚していることを隠していたのかもしれませんね。

それだけに裏切られた感は半端なかったのかもしれません。

逆上して今回の事件を犯してしまった可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

依岡あゆみのプロフィールは?

本名:依岡 あゆみ(よりおか あゆみ)

年齢:31歳

住所:大阪府羽曳野市

職業:アルバイト

依岡あゆみ容疑者は31歳です。顔画像を見れば分かるとおり、かなりの美人です。

こんな犯罪を犯さなくても、すぐに新しい彼氏は出来たでしょうに・・・。

職業はアルバイトとなっていますが、勤務先は判明していません。

 

Facebookでは「依岡あゆみ」というアカウントが見つかりました。住所が大阪府羽曳野市ですので、多分本人だろうとは思います。

しかし、証拠はないので紹介はしないでおきます。

 

スポンサーリンク

依岡あゆみ容疑者へのネットの声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

依岡あゆみ容疑者がこれだけの犯罪を犯してしまったのには、やはり何かしらの理由があったのでしょう。

まだ、事件の内容は詳しく分かっていませんが、もし同僚男性との恋愛トラブルが原因だったのならば、その男性にもちょっとは責任があるかな・・・。

 

ただし、火をつけるのはダメです。

自分の恨んでいる人だけでなく、一歩間違えば周りの人をも不幸にしてしまいます。

 

まずは冷静になり、自身の犯した罪をきちんと償って下さい!

タイトルとURLをコピーしました